ミオ・フューズがオススメ!カロリーオールイン・ワン・ライフトラッキング・デバイス 購入でポイントを「貯める」ならAmazonより楽天!

マニュアルには2つの機器を同じ手に着けるよう推奨していますが!そのとおりです。Android4.4以上での対応となるのが注意点です。ちょっと不安でしたね。

コスパ最強と噂の!

2017年01月21日 ランキング上位商品↑

ミオ・フューズ オールイン・ワン・ライフトラッキング・デバイス カロリーmio FUSE/ミオ・フューズ 最新のオールイン・ワン・ライフトラッキング・デバイス 心拍、距離、歩数、カロリー、活動量、運動量、疲労、回復、目標到達度など

詳しくはこちら
 b y 楽 天

サイズで迷う人が多いかと思います。腰を痛めてから久しぶりに走ったらぜんぜん動けなくなってました。MioGoを使って簡単にiphone6とペアリング出来ました。本日届きました。自転車乗車時の心拍数測定・記録のために購入し、大変満足しています。ちなみに手首回り一番細い所で16.5cmですが、手首より3−5cm肘側に装着するので、アクアでは尺が短かったのではないかと思います。トレーニングには欠かせない一品です。ハンドソープで丸洗いできるのは、衛生的でいい感じですね。アクアはS−Mサイズとのことですが!どちらかと言えば細い手首の私(男)でもサイズはギリギリでした。ポラールの胸バンドセンサーが不要で!手首で正確に測れます。操作に関してはmioグローバルサイトのカスタマーサポートに日本語のフルマニュアルが有りますので特に問題ありません。欲しい機能がすべてあります。心拍計として使うには、トレーニングモードにする必要があります。単独では設定できない。活動量計はどう使うのか。。個人的にこのデザインは気に入ってます。Nexus 5とXPERIA Z3で運用していますけれど、古く安い端末ばかり買っているので、他のAndroid4.2までのものでは接続できませんでした。心拍数の測定精度やデザインが良く、全体としては良い製品だと思います。常時点灯にならないのでしょうか。心拍は、表示してます・表示されてる内容が、正しいのかまちがってるのか、他の心拍計と併用をしていませんので、わかりませんが、今のところ満足です。mioのサイトでは分からなかったことを記述します。EPSONの腕時計型心拍計が、多数のフィットネスアプリに対応すれば、そちらの方が電池保ちなど良いかもしれませんが、現状メーカーアプリのみで閉じた世界のため、選択肢とならないのが残念です。スマホとの同期が必須。しかし、店舗の対応は全体的遅かったです。全日モードだと歩数計として動作します。(3) Product InfoのSizing Chartでは手首の一番細い所で測定しているように見えますが!マニュアルでは尺骨茎状突起から5cm前後離すことを推奨しています。youtubeに「mio FUSEのトレーニングモード(心拍計)への切替」として短い動画をアップロードしておきました。胸ベルトなしなのがいいですね。品物も問題ありません。DOCOMOSH-02Fは、アプリもBluetoothも非対応でした。Android4.4以上のスマートフォンのアプリ(メーカーサイト mioglobal.com にアイコンで表示されています。電池の保ちも!全日モードなら延々保ちます。トレーニングモードに切り替えた状態だと短いですけれど、一日に十数時間走るような運用をしていないので自分は問題ありません。商品の動作及び機能等は大変満足しています。付属の取扱説明書の内容が簡略すぎてよく分かりませんでした。私のスマホはVer.4.0でインストールできませんでした。(1) Samsung Galaxy S3の対応がページによって記述が異なりますが!ドコモのSC-03Eで使えました。時計機能とANT+心拍だけ欲しかったのに。商品が無事とどきました。次に、MIO GO で設定を行いますが、アンドロイドだと、OSのVerに注意が必要です。実際のものは、写真ほど、数字がはっきりと表示はされません。みなさん大きい大きい書いてますが!自分としてはそれほど大きくは感じませんでした。スピードと距離ではなく!心拍数と時間で無理なく負荷をかけられるのでどんどん痩せていってます。やはりアマゾンさんのほうが対応は素早いですね。アマゾンより2000円安く購入できまして嬉しかったです。mioシリーズから選び、表示機能が必要な場合、mio FUSEは良い選択だと思います。子どものトレーニング用に購入しました。スポーツクラブのランニングマシンについている!心拍計と比較しましたが!数値はほぼ同じ値でした。。結局 NEXUS7(2013)なら対応できました。あえて添えるなら、マニュアルのダウンロードや外国製品という点でマニュアルも少し親切でないような(日本製品と比較して)気がしたのが、不便さを感じるところでした。。アプリが日本語対応していれば完璧でした。設定ができません。。一枚うす曇りのフィルムを通してみたような感じで少しぼやけますが!私の主観では!許容範囲です。時計表示はすぐ消えます。。ただし!ファームウェアを最新にする必要があります(Android 4.3 および Bluetooth Smart 対応の為)。スマホタブレットが必須でした。(2) Android版のRuntasticとも接続可能です(app compatibility page ではiOS版でしか対応しないように見える)。クリムゾンの赤になりましたが雰囲気がアグレッシブになり結果良かったです。よって星4つとしました。いろいろと検討した上での購入なので、基本的には満足しております。HOLDが消えるまで長押しすれば良いようです。マニュアルが着いていませんでしたが!公式ページに日本語のマニュアルがあります。ただ専用アプリのmioGOで、すべてのワークアウトに於いて消費カロリーが一定なのはいただけません。あとは願わくば!Google Fitとの連携ぐらいができれば完璧ですが!まあなくても特に困ることもないです。当方腕がそれほど太くないためaquaにしたところ!それでも十分バンドが余りました。 ちゃんと調べた上での購入をお勧めします。総合として商品としては、満足しています。モードがあって!切り替えする操作が添付の日本語マニュアルを見ても良く分かりませんでした。初めての心拍計機器購入です。アプリをダウンロードして連動させるなど!知識がない自分にはわかりづらかったです。余計な機能がごちゃごちゃ付いていると大きいしバッテリーももたないしで、シンプルなものを探していたのですが、このMio Fuseは最高でした。時計設定ができません。妻の携帯が対応していたので、設定して使ってみます。まず私の手首の周囲が!20cmなので!ちゃんと届くか不安がありましたが!Lで端から3穴目でつかえています。予約締切日からの発送も非常に迅速でした。(実質一番端かな)なので!腕が太い人は!一度メジャーで計測したほうがいいです。ENDOMONDOアプリで走行記録と同時に記録し!速度や高度と心拍数を後でグラフでも確認できます。ディスプレイの視認性は夜間でも非常に良いものです。USB充電アダプタも小型です。ちゃんと調べて買えば良かったと若干後悔しています。夜間走行中でも良く分かります。心拍数の計測も問題無いですし、Bluetooth 4.0によりRuntastic等のアプリにも簡単に接続可能です。色々試しているうちにだんだんと使用方法が分かってきましたが!少々不親切だと思います。(4) アプリと完全なマニュアルは日本語に未対応です。アクアを選んだためおかげでギリギリでした。(サイズは仕様通りです)左手にMioFuse!右手にスントのAmbitをつけてANT+で接続していますが!時々ロストしています。発送はまた次の日になって!注文してから五日間くらいかかったなんて満足とは言えないだろう。ENDOMONDOやSTRAVAやwahoo)と連動する心拍計として!おすすめできます。。胸に巻くタイプの心拍数計が壊れ、またジムでよく付け忘れて面倒臭かったのでリスト式の心拍数系を探していました。胸バンドなしですぐに脈が計れるのはとても便利です。購入時、小生腕が細いのでアクアにするか迷っていましたが、結果このクリムゾンでベルトの真ん中くらいでした。iPhoneアプリのRunKeeperと接続して使用してます。英語を読む必要があります。トレーニングモード内でGOとPAUSEをタップで切り替える運用操作になります。リアルタイムで心拍数を計測してくれるので、目的に合わせた運動強度のコントロールがとても楽になりました。実際に使用している子どもからは、今のところ困った様子もなく使用しているようです。最初の注文は日曜日でしたが!注文受付は火曜日にできたメールが来た。その他の機能はこれから、確認していきますので、いまのところなんとも。周辺の説明が少ないおよび!MIO GO や!Bluetooth のVerについて!説明があるものの!記載が少ないので!購入の場合は!自分のスマホや!タブレットが対応しているか。 コントロールするアプリに注意が必要 ってことで、☆4とさせていただきます。なのでNEXUS7にインストールを行いましたが、旧型では、Bluetooth3.0なので、通信できません。商品自体は思った通り!いいものでした。ご参考まで。